坂本八重子 プロフィール

働く女性の部屋づくりプロジェクトは、このようなストーリーから生まれました。


働く女性の部屋づくりコンサルタント

カラークリエ 代表 

 

幼いころより、モノを組み立てたり色の組み合わせを考えるのが好きな子供だった。

両親と妹の4人家族。ごく普通の家庭で育つ。

 

社会人として憧れの大手総合商社への就職がかなうが、

膨大な取引金額を扱う部署へ配属になる。

職場は常に緊迫状態。

仕事にやりがいを感じながらも、緊張と疲労が続く日々を送る。

 

そのころ、アートフラワーに出会い夢中になる。

布を花色に染め、一輪の花を作り上げていく。

美しい色彩の花を作り部屋に飾る過程で、

仕事のストレスから解放され明日への活力につながっていく。

 

結婚して寿退社。

2人の子供に恵まれ、このまま人生が順調にいくと思った矢先・・・

夫が仕事のストレスからうつ病になり、生活が一変。

 

この時はじめて、

「世の中には仕事によるストレスで心を病んでしまう人が大勢いる」

という現実を知ることになる。

 

生活の不安がでてきたため、仕事を再開。

先が見えない不安と闘いながら、仕事・家事・育児をするなかで、

自らもストレスを抱え疲れ果て、心の余裕を失くしていく。

 

そんな状況が長く続いたある時・・・

笑うこともできなくなっている「心の異変」に気づく。

 

「このままではいけない、なんとかしなくては!」という想いでいた時に、

たまたま立ち寄った書店で偶然花の本を手にする。

 

その本を開き、様々な色の美しい花で彩られた空間を目にした瞬間・・・

枯れそうになっていた心が一瞬にして潤う体験をする。

「色や花がある空間は、人の心に確実に変化をもたらす」ことを実感。

 

そして、そのことが、

「今の苦しい状況を変えることにつながるかもしれない。」と直感する。

 

その後、自分自身の心の健康のために、インテリア・色・花を学び、

自分が身を置く「空間」に取り入れたところ、事態が好転し始める。

 

少しずつ心の状態が安定し、不思議なことに夫のうつ病も徐々に回復。

 

明るく整った空間に身をおくこと、

「自分はこうありたい!」という理想の未来を描くことが、

 

心の状態を明るくポジティブに変え、

「乗り越えられないかもしれない」と思っていた現実を変える力となった。

 

「人が身を置く部屋の状態は、その人の精神状態に大きく影響を与える」ことを確信。

  

2013年2月、「癒し」をテーマに、空間にマッチするインテリアフラワーを提供する「カラークリエ」を開始。3年間で約180点のオーダーメイド・フラワーコーディネートを実施。

2015年10月より「働く女性の部屋づくりセミナー」を開催(計5回)。

2016年1月「働く女性のための部屋づくり」を開始。

2017年8月より、産業カウンセラーとして、コミュニケーションスクールのセミナー講師

及び相談業務を開始。

 

目に見えるもの(部屋)と目に見えないもの(心)の両面から

働く女性のサポートをおこなっている。

 

「働く女性が心の健康を保ちながらいきいきと活躍し、理想の未来を手に入れることができる社会を実現することが、ストレス社会の中で頑張る人々の心の支えになる。」

との信念で、日々活動している。

 


保有資格


◇整理収納アドバイザー

◇インテリアコーディネーター

◇福祉住環境コーディネーター

◇リビングスタイリスト

◇アーティフィシャルフローリスト

◇産業カウンセラー      

雑誌掲載


インテリア雑誌 「Bon Chic」掲載(世界文化社)

2015年4月号・2016年4月号

※インテリアフラワーshop紹介ページ